シコアブログ

‘カルチャー・ホビー ’ カテゴリーのアーカイブ

土俵開きの準備

2016年7月29日 金曜日 花田 景子(貴乃花親方夫人)

下準備中一昨日、新しい土俵に神様をお迎えする儀式=「土俵祭り」を無事に終えることができました。

当日の様子は、またお知らせしますが、まずは土俵祭りのための下準備、土俵中央にお納めする『鎮めもの』を用意します。

『鎮めもの』は「洗米」「するめ」「昆布」「塩」「かやの実」「勝ち栗」の六品です。これらを一枚の小皿に入れ、もう一枚で蓋をして和紙で包み、麻縄等で結びます。

「かやの実」が探せず、苦労していたところ、靖国神社様が境内で採れた実を譲って下さり、どうにか準備が間に合いました。
本当に有難うございます!

かやの実

かやの実

鎮めもの

鎮めもの


対談集が発売されます

2015年2月4日 水曜日 花田 景子(貴乃花親方夫人)

昨年1年間、『家庭画報』(世界文化社)で連載させていただいた『日本人の心 おもてなし』が、2月6日に1冊の本として発売されることとなりました。

本の最後には、スペシャル対談として、なんと親方との対談も掲載されています。(今月発売の家庭画報3月号にも特別編として掲載)

対談集『日本人の心 おもてなし』第一線でご活躍の著名な方々との対談は、その貴重なお言葉はもとより、実際にお会いしなくては伝わらない心の糧をたくさん頂戴しました。
私にとってこの本は、「おもてなし」という名の宝石が詰まった宝箱のようです。

お手に取ってご覧いただけましたら幸いです。
お読みいただいた皆様にも、きっと素晴らしい何かが伝わることと思います。
 

第15回シコアサロン「ファッションチェック」編

2012年9月30日 日曜日 中川 洋子(シコアサロン•ディレクター)

バイヤーとして、フィレンツェで15年過ごされた菅沼徹氏をお迎えし、お話を伺いました。イタリアで過ごされ、日本人とイタリア人のどこが違うのかを分析。色遣い、色合わせに決定的な違いがある事に着目され、データを集め菅沼氏オリジナルの『カラーチャート』を作成されたそうです。

そのチャートを手元に置きながら、普通のイタリア人が「意識せずに出来てしまう」、「DNAに組み込まれている」イタリア人のファッションの法則を教えて頂きました。

基本中の基本が「ジーンズ、シャツ、ジャケット」。

そして顔を小さくみせるために、

(1)バックは大きめのものを。
(2)イヤリングも大きめに。
(3)開襟のシャツは胸元を開けて首のラインを長くみせる。

色遣いについては、チャートには多くの種類の色合わせがありますが、超オシャレな人は「白とベージュ」だそうです。

日本の学校行事などに欠かせない濃紺のスーツには、こげ茶のパンプスを合わせるとおしゃれになる。

さし色は2か所以上入れる。
(因みに今日の先生は、眼鏡のテンプルの部分と腕時計のベルトが「黄色」でした)

ジャケットの上やワンピースの上からも色合わせのいいベルトをすると、
一味違った着こなしができること。

などなど、沢山の事を教えて頂きましたが、先生はまだまだお話し足りないということでした。
自由が丘のお店に行けば、コーディネート方法も個別に聞いて下さるということでしたので、皆様ぜひお近くにお出ましの際は、お店に足をお運び下さい。(自由が丘のヤマダ電機の斜め前です)

パソコンとプロジェクターの相性が余り良くなく、せっかく先生が用意して下さった多数のお写真が見られずに残念な部分もありましたが、先生の機転とトークで大変楽しい会になりました。
菅沼先生、ありがとうございました。

また、足元の悪い中お集まり頂きました皆様、ご参加頂き、積極的に楽しんで頂いたことを深く感謝申し上げます。

次回のシコアサロンは、「人生に効く脳科学」題しまして《感性アナリスト》の黒川伊保子先生にお話し頂きます。

どうぞお誘い合わせの上ご参加くださいませ。
ありがとうございました。